スポンサードリンク




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



この資格がなければはじまらない! 

簡単には取れないけど、ポイントを押さえればスムーズに勉強できます

 

 必要なのは、危険物取扱者の免許です。危険物の免許は 甲、乙、丙 と大きく三種類にわかれていて、乙類の中でも6つにわかれています。簡単に表にしてみましょう。

 

危険物取扱者 乙類 資格者が扱えるもの
一類 塩素酸カリウム、過酸化ナトリウム、硝酸カリウムなど
二類 硫化りん(三、五、七)、硫黄、鉄粉など
三類 カリウム、ナトリウム、黄りんなど
四類 ガソリン、メチルアルコール、灯油、重油、軽油など
五類 ニトログリセリン、ニトロセルロースなど
六類 硝酸、過酸化水素など

 

私以外の運転手は全て 乙四 を持っていました。

 

 私は独学で調べて、最低限丙種でいい、と知ったので、丙種を取ったのですが、職場の運転手は私以外乙種第四類の免許を持っていました。資格的には丙種でいいようですが、乙類第四類(略して乙四、おつよん、乙4)を取得するのが慣習のような感じになっています。この資格がなければ、タンクローリー運転手として働く事ができませんので、取得は必須です。

 

 

 

適当に勉強しても受からない だけど方法がある…

かなり勉強しました

 正直この資格を取るのはかなり難しいです。どの位難しいかと言えば、適当に勉強してもまず受からないというレベル、運転免許の学科免許よりも少し難しい感じです。

 

 以前の会社で、他の部署から配属になった事務員が独学でトライしていましたが、一度目はダメ、二度目もダメで、三度目でやっと合格していました。そんなに難しいのかと思われるかもしれませんが、独学でやるから難しいのです。独学で勉強するとかなり範囲が広く、それだけで参ってしまいます。独学での取得はかなり大変ですが、みんな取得しているのにはちょっとした取得のコツがあるのです。そのコツとは何でしょうか?

 

 

講習や通信教育に参加して、出題ポイントを絞る

 友人の運転手は、そこそこの費用を支払って講習に参加していました。そこの講習で、出題傾向を教えてくれたと言っていました。今は通信教育でも同じことができるようになっています。是非資料を取り寄せて、勉強を検討してみて下さい。自分ひとりで勉強を進めるより、かなり効率よく教えてもらう事ができます。少し費用がかかりますが、一生使える資格です。お金を少し払った方が人間一生懸命勉強するものです。 まずこの資格がなければ始まりませんので、取得して下さい。 はじめにも書きましたが、乙種第四類を取った方がいいです。 

 → 資料請求はこちらから
(危険物と検索すると出てきます)

 

 

 

スポンサードリンク 




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



危険物の免許が必要です。どこかで勉強すると比較的スムーズです。関連ページ

けん引免許
タンクローリー運転手になるためにはけん引免許が必須です。時間的にも精神的にも余裕があるなら近場の教習所でいいと思いますが、ここは気合いを入れる意味でもこんな方法をおススメしたいと思います。

このページの先頭へ戻る