軽トラック 25年以上の車をアメリカへ売る 業者を探すには?

軽自動車が、アメリカで人気?

軽トラック

 

 以前、とある番組で紹介されていましたので、ご存知の方も多いと思います。今、日本の軽自動車、特に軽トラックが、アメリカで大人気となっています。日米間ではかつて自動車の貿易摩擦などという難しい問題がありました。時代の経過とともに、事情は変わってきています。インターネットが発達したとはいえ、未だに海外の方々から見れば、日本はミステリアスな国。クールジャパンという言葉に象徴されるように、アメリカの方々から見るなら、日本にはまだまだ未知の物が沢山あり、それが彼らにとって楽しく、興味深いこととなっているのです。


とある人が軽トラをアメリカに持ち込んだら…

 皆様は実際に、アメリカの古い車が実際に日本で走っているのを見たことがあるでしょうか?大きくて、かっこよくて、デザインが斬新な、古き良きアメリカを代表するアメ車には、文化的な価値があると私は個人的には思っています。でも、なかなか日本国内の普通の道路を走っているのを見かけることはありませんよね。この逆の現象が、アメリカの方々と、日本の軽トラック、軽トラの間で起こっているのです。
 アメリカでは、トラックのニーズがとても高く、様々な場面でトラックが使われています。そんなトラック好きが集まっている国アメリカに、とある方が日本の軽トラックを持ち込んだところ、たちまち大人気となりました。元々アメリカには大きなサイズの車を好む傾向、文化がありますので、日本の軽トラのようなサイズの車は存在しません。アメリカは自由の国とも言われるように、自分を強烈に主張する事に大きなステータスを感じる人が多い国です。エコに向かう時代背景も手伝って、日本の軽トラはアメリカでクールだ、カッコいいと評判になり、レストアをしたり、独自の改造を施したりして、楽しむ文化が広がりつつあります。もちろん、4WD車のトコトコとどこまでも走っていく事ができる走破性や、燃費の良さ、大型車とは比べ物にならない取り回しの良さ、狩りの際には獲物に極限まで近づくことができる静粛さ、など、軽トラの基本的性能の高さがベースにある事は言うまでもありません。

日本で販売されている新車をアメリカで買うことはできない

 軽トラックにせよ、乗用車にせよ、日本とアメリカの間には、自動車の輸出入に関する決まりがあります。アメリカに住んでいる方が、日本で発売されている新車の軽トラを実際に輸入して、アメリカで使うことは、一部の例外を除いてはできません。しかし、さすが自由の国アメリカ、この決まりは、製造から25年を経過すると解除となり、かなり簡単に輸入することができるようになります。この事から、製造から25年以上経過している日本の軽トラがアメリカに輸出され、密かに大人気だという現象が起こっているのです。

日本の観念との違いが、輸出業者に利益をもたらしている

 仮にあなたが製造から25年経過している軽トラックを持っているとしましょう。25年も使っていると、私たちはついつい、次の車に買い替えたくなってしまいますよね。車検ごとにあちこち修理費用がかかるとか、新しい車の性能が格段に良くなっているとか、自動車の製造大国日本ならではの理由がそこにはあります。でも、アメリカから見るなら、あなたの軽トラックはとても魅力的なのです。まず第一に、製造から25年を経過していることで、簡単にアメリカに輸入することができるようになります。気になるメンテナンスも全く問題ありません。例えば、私は昭和53年製造のランドクルーザーという古い車に乗っていますが、この車、一部の保安部品を除いて、殆どの部品は、国内では製造打ち切りとなっています。しかし、私の車は海外にかなりの数が輸出されており、海外のeBayなどを探せば、殆どの部品が手に入るという現実があります。アメリカには、古い車は修理して乗る、車を大切にする文化が根付いているな、と感じています。
 日本人は、古くなった軽トラックは高くは売れないと思っており、安く売ってしまうという現実があります。それに引き換え、アメリカでは需要があり、結構な価格で取引されているのです。この認識の違いを利用して、輸出の業者さんは利益を出しているのですね。ということは言い換えるなら、あなたが認識を少し変えて、この軽トラは高く売れるんだ、と思うなら、もうちょっと高く売れる可能性がある、ということになります。

具体的な方法は?

 そうか、儲かるのか。それなら輸出業者に売るぞ、と言っても、私たち車売買に関しての素人が、高く買ってくれる業者を見つけることは、なかなか難しいのが現実です。どの業界もそうだと思いますが、世の中そんなに甘くはありません。素人がちょいと声を掛ければ高く買ってくれるなどというようなことはなく、やはり高く買ってもらうには、こちら側もそれなりに取り組む姿勢が必要になります。でも、できないわけではなく、実際に方法はあります。
 様々なケースがありますが、現実的に言えることは、軽トラックを日本で専門に買い付けして、アメリカへ輸出している業者はおそらくいないと思います。彼らは様々な車を買い付けして輸出する中で、軽トラックが出てきた時に、これはアメリカへ出せば儲かるんじゃないか、と考え、その時その時で相場を読み、利益が出る価格であれば買い付けをしていることでしょう。最終的なアメリカの市場で価格が高くなっているのなら、それに相応して、日本での取引価格も少しずつ高くなっています。輸出を専門とする業者は、大抵の場合、私たち末端ユーザーと直接繋がる事はありません。彼らはどこにいるのでしょうか?どこで車を探しているのでしょうか?

彼らがいる場所はココだ!

 彼らは中古車のオークション会場にいます。皆さまご存知ないとは思いますが、今、日本の中古車を扱う、日本の各地域のオークション会場には、様々な国の中古車バイヤーが、良質の日本の中古車を買い付けにやって来ています。一つ興味深い例を挙げると、ドイツのバイヤーが、彼らの国が製造国である、ベンツやBMWの中古車を買いに、日本に来ていているという現象があります。どうしてだかおわかりになりますか?日本はヨーロッパのように石畳もなく、殆どの道路が綺麗に舗装されており、また、車両は二年に一度の車検制度で、海外の方から見るなら、それこそこれ以上ないコンディションで、完璧な状態で維持されている、という風に映るのです。私たちは自動車に乗り始めたころから、否応なしに車検制度に触れ、そのシステムに対して免疫が出来てしまっていますが、この制度は、海外の方から見るなら、奇異に感じられると共に、良質の中古車を仕入れたい海外のバイヤーの視点で見るなら、これ以上ない、車維持のシステムになっているのです。

 

彼らに私の軽トラを直接売りたい!

 そう思いますよね。以前は、私たち末端のユーザーには、街で大きくお店を構えている大手の車買取屋さんや、一括査定などを通して彼らと繋がるしか方法がありませんでした。しかし今、中古車の買取のシステムにも、少しずつ変化が見受けられます。具体的には、オークション、入札制度に、私たちが直接参加することができるシステムが構築されています。街中には、オークション代行というような看板を見かけることがありますが、これとは本質的にシステムが違います。このようなオークション代行業者に依頼すると、代行料でいくら、出品料でいくら、成約手数料がいくら、陸送費がいくら、というように、仮に売却しなくてもかなりの手数料が必要になります。運よくオークションで販売できたとしても、かなりの額の手数料が必要になり、結果的には、満足する価格が手元に残らない、という現実があります。このため、このような「オークションに代行して出品してあげますよ」というシステムは、今一つ国内では盛り上がっていないのですね。

簡単に入札制度にかける方法ができました

 一方で、こちらのシステムは、根本的に違いがあります。オークション代行の方法は、実際にあなたの車をオークション会場に持ち込まなければならないのに対し、こちらのシステムは、あなたの車を提携先のスタンド等に持ち込むか、あるいは出張査定をお願いして、そこで査定をします。そして、その情報を元に、独自の入札制度にかけるというシステムです。入札制度には、一括査定時にお世話になるであろう大手業者はもちろん、地方の小さな、自らで展示場を持ち、お客さんに丁寧に販売している中古車屋さんまでが含まれているのが最大の特徴です。その数は2,000を超えます。そして、その中には、チャンスがあれば、25年以上経過して輸出の縛りがなくなった古い軽トラックを、アメリカへ輸出したいと考えている業者さんもいるのです。
 方法自体はとても簡単で、こちらにご紹介するサイトから、車種内容と連絡先等、7箇所の必要事項を記入して送信するだけです。入力情報に応じて、あなたの車がどの位の価格で売買されているのか、概算価格を確認できます。その後コールセンターから連絡がありますので、査定の段取りとなります。一括査定と違い、連絡はこの一度だけですので、その点も安心です。
⇒ 車の買い取り査定サービス

 

 入力後に、相場の概算価格が確認できますので、とても良いシステムだと思います。ここで価格が表示されるなら脈ありです。

 

⇒ 車の買い取り査定サービス

 

昔ながらの一括査定も

 前述の方法は一押しですが、少し段取りに時間がかかります。また、入札制度において、設定した最低落札価格以上になった場合は、売却の義務が生じます。一方で、一括査定の場合は、実際に査定をしてもらっても、あなたが最終的に首を縦に振らなければ、売買は成立しません。また、こちらのカーセンサーなら、どこの業者にお願いするかを選ぶことができますし、情報入力欄の下にあるリンク、任意項目: 売却希望時期など、ご希望がある場合は、こちらをクリック という所をクリックして、業者にメッセージを伝えることができます。「連絡はメールでお願いします」と入力することで、ある程度、電話を防ぐことができるかもしれませんね。
⇒ カーセンサー.net簡単ネット査定

高く売る 心理戦に勝つ

 高く売るためには、ある程度の粘りが必要ですが、こちらにご紹介した方法を実践するなら、面倒な業者とのやり取りを何度もすることなく、連絡は、こちらの業者との一回だけで済ませることができます。一方で、従来からの一括査定も未だに捨てがたく、実践されている方が多い方法です。商売は最終的には人と人とのやり取りになります。ネットで完結してしまう入札制度が寂しいな、と思う方には、従来からの一括査定制度をお勧めします。

独自の入札制度で高く売るなら

車の買い取り査定サービス

一括査定ならこちらがおススメ

⇒ カーセンサー.net簡単ネット査定

大手のみが参加の一括査定

⇒ かんたん車査定ガイド

 

 あなたの軽トラが高く売れることをお祈りしております。

page top