スポンサードリンク




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



町工場は腕がよさそうだけど、気軽に行けない

 

 ディーラーは高すぎる、だけど、スタンドでは心配だ…

 

 こんな状態でお困りのあなたに、ちょうどいい車検のシステムがあります。

 

 

 ディーラーの場合は、予防の整備までが視野に入っているので、どうしても高くなります。

 

 加えて、人件費やブランド料などの負担も私達に被さってくることを考えれば、面白くない人もいるでしょう。

 

 

 いつも燃料を入れるスタンドや、用品でお世話になっている量販店でも車検の文字が躍ってはいますが、自分の車に対応できるのだろうか、腕は確かなのか、何かあった時は大丈夫なのか、と、心配はつきません。

 

 町中にある整備工場も訪ねてみたいけれど、何だか入りずらいし、受け付けがどこなのかもわからないし、そもそも車検をやってくれるのかもわからない… いくらなのかもわからない…

 

 

 そんな不安を見事に払しょくした、画期的な車検のシステムがあります。

 

 

 管理人も毎回お世話になっている、その車検のシステムをご紹介します。

 

 

 

 

 

私達の予算を考えてくれます

 

 ディーラーの場合は、安全と信頼に重点を置くあまりに、私達の予算に合わせた整備とは程遠い状態になっています。

 

 こちらの車検では、私達の予算に合わせて、いろいろと考えた上で整備の提案をしてくれます。

 

 

 これは次回でもいい、だけどこのようなリスクがあるから理解しておいて下さい、と言う感じで、作業を選ぶこともできます。

 

 もちろん車検ですから、最低限の整備は行う必要がありますが、それ以外の部分の取り組みが大きく違います。

 

 

 例えばですが、ディーラー車検ではデフォルトで、何をいっても見積もりからは外してもらえない、「下回り洗浄」 という作業があります。

 

 作業は、ジャッキで車を持ちあげて、車の下回りを高圧洗浄機で清掃するものです。

 

 管理人はディーラー勤務時代に作業を何度も見て来ましたが、ものの3分で終了する作業です。

 

 これに5,000円も払うのはいかがなものかなと、常々感じていましたが、こちらの車検では依頼者から要請がない限りは行いません。

 

 こちらの車検にするだけで、自然と5,000円を節約できることになりますよね。

 

 

きちんと説明してくれます

 

 例えば、下回りから水漏れがあるとします。

 

 ディーラー車検の受け付け、担当のフロントマンからは、このように説明があったとします。

 

「下回りから水が漏れています。ウォーターポンプとベルトとおそらくテンショナーも取り替えで3万円です」

 

 

 これって、良心的だと言えるでしょうか? どんな状態なのかわかりますか? 

 

 

 決定的に違う部分がここです。

 

 

 見積もりはお店に行って行います。

 

 私達を、普段は決して見る事のできない、愛車の下につれて行ってくれた上で、実際の状況を一緒に見ながら部品の状況をきちんと説明してくれます。

 

 

 

 ◆ 取り替えなければ車検に通らないのか
 ◆ いくらかかるのか
 ◆ 今は取り替えなくても車検は通るのか
 ◆ 取り替えなかった場合のリスク、起こりうる症状はどのようなものか
 ◆ プロとしてアドバイスするなら? 

 

 

 このようなことをきちんと教えてくれます。

 

 

 車検整備を強制するような事や、お客さまを言葉で丸めこむような説明は絶対にありません。

 

 その理由を、次のコーナーでご説明します。

 

 

 

 

フランチャイズの大元が、かなり厳しく教育をしている

 

 私達が安心して任せられる理由がここにあります。

 

 このシステムは、私達のようなディーラーにしか行った事のないユーザーと、例えばですが、ディーラーの下請けでコツコツと薄利で車検を請け負ってきたような、腕のいい町工場とを繋いでくれたシステムだと言えるかもしれません。これは管理人が切に感じている部分です。

 

 

 お店作りから接客態度まで、おそらく、かなり厳しく教育がなされていると私は感じています。

 

 

 この、厳しいフランチャイズの目があるから安心なのです。

 

 

 ガソリンスタンドやカー用品専門店の場合は、お店に任されている部分も多い感じがします。

 

 すると、どうなると思いますか?

 

 

 遠巻きにかもしれませんが、あらゆるものを勧められることが目に見えています。

 

 タイヤ取替、バッテリー取替、ATF交換、オイル取替、エレメント取替、車磨き、車体のコーティング、ガラスコーティング、などなどです。

 

 これがあるかと思うと、どうしても量販店で車検をする気になれないのです。

 

 

 こちらの車検では、無理やりに整備や用品を勧めることは絶対にありません。

 

 最低限の車検の整備のみで見積もりしてもらえますし、必要ならその他の整備も案内してもらえます。

 

 あなたの予算を考慮に入れながら、どうすればいいのかを親身になって考えてくれます。

 

 

 インターネットから車検の予約が可能となっています。

 

 

 こちらからご覧下さい。

 

 

 

管理人は3万円の旅行券が当りました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク 




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



ディーラーとガソリンスタンドの間を取ったちょうどいい車検代のシステムを解説関連ページ

帰り道に壊れる
車検に対しての誤解が多々見られます。昨日車検から帰って来た車のライトが切れたらどう思いますか?わかりやすい例を示して、こちらでご説明しましょう。
ディーラー車検は高い?
壊れないようにという予防整備までをするなら、ディーラーでの車検はとても高いものになります。車の事がよくわからない方向けにディーラー車検の価格の仕組みをご説明します。オートバックスやガソリンスタンドとの違いをズバリ解説します。
ユーザー車検は安い反面自己責任【体験】
ユーザー車検はどの位の値段でできるものでしょうか。向いている人、向いていない人がいます。独自の視点でユーザー車検についてお話したいと思います。

このページの先頭へ戻る