スポンサードリンク




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



 予防整備 まで視野に入っているので 結果として高額に

 

 自動車ディーラーの整備は、悪い言い方をするなら 金もうけ

 

 良心的解釈なら 予防整備と安心感を  と言えるでしょう。

 

 

 自動車ディーラーの車検は、ある程度、2年後の状態を想定して行われます。

 

 今は壊れていなくても、奨励の整備を断われないほどに強く提案される事もあります。

 

 結果として、どうしても高くなってしまうのは仕方のないことです。

 

 

 引き換えに、車検を通せばあと2年は乗れるぞ!という、格別の安心感をもらえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 高額になってしまう、もう一つの理由

 

 ディーラーの車検が高額になっているもう1つの理由がブランド化です。

 

 ディーラー各社は、安全と安心を届けるために、整備をはじめとする全体をブランド化しています。

 

 

 整備してくれる人は正社員です。 終身雇用で採用し、保険年金税金を会社が払ってます。

 

 整備してくれる人は ○ヨタ○級 の整備資格を持っています。 
 車の事は全ておまかせ下さい!

 

 ISOを取得した、環境の良い工場で整備いたします。 かなりお金かかってます。

 

 

 同じネジを締めるのにも、高校に入ったばかりのバイトの彼が、スタンドでのバイト後彼女とのデートで何をしようかとにやにや考えながら適当に締めるネジと、上に書いてあるような環境の中で、会社から身分もしっかりと保証されている一流のメカニックが、トルクレンチを使ってしっかりと締めつけてくれるネジとでは、それは同じ締められたネジにしても違いがあるような感じになってしまうでしょう。 

 

 

 これがディーラー整備のブランド化、整備料金が高い、もう一つの理由です。

 

 

 お節介なまでの 気遣いも

 

 ディーラー車検が高くなってしまう、影の理由をもう一つ。

 

 

 車検整備の必須項目には全く入っていない事柄を、お節介な程までにご提案、或いは強制的に作業してもらえます。

 

 

 例えば、今の車はワイヤレスドアロックが殆どの車で標準装備ですが、あのカギの中には小さな電池が入っています。

 

 車検の際にこれを取り替えてくれるディーラーは多いようですね。

 

 

 私はホームセンターで電池を買ってきて、ドライバーで開けて自分で交換します。300円位です。

 

 これをディーラーでやってもらうと、1,500円になります。

 

 

 自分でやるか、やってもらうか、気が付いているかいないか、知っているか知らないか、

 

 その辺りの感覚で微妙に感じ方も違ってくるので何とも言えませんが、まとめるなら、日本の自動車ディーラーは 「高いけど素晴らしい」 ということになるのだと思います。

 

 

ディーラー車検が高いと思うなら

 

 このように至れり尽くせりのディーラー車検ですが、現実問題となると、整備料金は高くなります。

 

 かといって、街の整備屋さんや町工場、量販店やスタンドでは不安、と言う方も多いでしょう。

 

 

 この、2つの間位を取った、ちょうど良い車検のシステムがあり、実は私も利用しています。

 

 

車検は安くできる

ディーラー車検しか知らずに困っている私達と

  腕のいい町工場を繋いでくれた画期的なシステム!

 

 

フランチャイズが厳しく管理指導をしているので

  スタンドや量販店のような勧誘もありません。

 

 

車検には不必要な 「下回り洗浄」 は行いませんので、必ず5,000円は安くなります

大きな整備がなければ乗って帰れますので、代車の心配もありません!

 ↓ ↓ CLICK ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク 




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



ディーラー車検は高いのでしょうか?馬鹿とかぼったくりとかの評判の真意関連ページ

帰り道に壊れる
車検に対しての誤解が多々見られます。昨日車検から帰って来た車のライトが切れたらどう思いますか?わかりやすい例を示して、こちらでご説明しましょう。
ちょうどいい車検のシステム
ディーラー車検よりも安く、ガソリンスタンドやオートバックスよりも安心感のある、ちょうどいい車検のシステムをご紹介します。インターネットからの見積もり予約も可能です。車検代を節約できます。
ユーザー車検は安い反面自己責任【体験】
ユーザー車検はどの位の値段でできるものでしょうか。向いている人、向いていない人がいます。独自の視点でユーザー車検についてお話したいと思います。

このページの先頭へ戻る