スポンサードリンク




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



おまかせ車検の時代は終わりました

 

 少し前までは、おまかせ車検と呼ばれる、ディーラーに何もかもおまかせの車検が行われていました。

 

 「あれやっておきました」 「これ取り替えておきました」 「これはみなさんなさっていますから」

 

 何だかんだで、車検の際にかなりの額を支払っていた方も多いのではないでしょうか?

 

 

 全てに余裕がある時代ならこれで大丈夫でした。

 

 車検に出す人は終身雇用が保障され、世の中には沢山のお金が回っており、これが当たり前だったのです。

 

 でも今の時代は違います。

 

 

 どのような考え方で車検に臨むべきかを考えるなら、そこに答えをみつけることができます。

 

 

 少しずつみて行く事にしましょう。

 

 

スポンサードリンク 




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



車検費用を最低限におさえてかつぼったくられない方法記事一覧

 疑問解決サイトなどに寄せられる皆さまのご意見を拝見すると、車検に対して様々な認識の方がいらっしゃいます。 ここで、簡単な例から 「車検とは何ぞや?」 を考えてみたいと思います。 私がお話する例をどのようにお感じになるかを考えることで、あなたがどこに車検を出せばいいのかがわかります。 あなたは車を車検に出して、工場に引き取りに行きました。 夜の帰り道、何だか暗くて運転しずらいなと思ったら、右側のヘ...
 自動車ディーラーの整備は、悪い言い方をするなら 金もうけ 良心的解釈なら 予防整備と安心感を  と言えるでしょう。 自動車ディーラーの車検は、ある程度、2年後の状態を想定して行われます。 今は壊れていなくても、奨励の整備を断われないほどに強く提案される事もあります。 結果として、どうしても高くなってしまうのは仕方のないことです。 引き換えに、車検を通せばあと2年は乗れるぞ!という、格別の安心感を...
 ディーラーは高すぎる、だけど、スタンドでは心配だ… こんな状態でお困りのあなたに、ちょうどいい車検のシステムがあります。 ディーラーの場合は、予防の整備までが視野に入っているので、どうしても高くなります。 加えて、人件費やブランド料などの負担も私達に被さってくることを考えれば、面白くない人もいるでしょう。 いつも燃料を入れるスタンドや、用品でお世話になっている量販店でも車検の文字が躍ってはいます...
 乗用車なら二年に一回、商用車なら一年に一回、日本には車検というシステムがあります。購入した自動車販売会社や、ディーラーに頼んで行うものだと思っている方も多いですが、自分で行うことができます。これをユーザー車検と言います。車検には様々な目的があります。検査をするのは直接の目的であって、その後ろにはいろいろなものがひしめいています。わかりやすく一つ例を挙げて説明します。例えばガラスに飛び石の星マーク...

このページの先頭へ戻る