スポンサードリンク




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



マツダのディーゼルが売れている

 自動車の宣伝は数々あれど、ディーゼル車に力を入れて宣伝しているのは、日本のメーカーではマツダだけです。マツダのディーゼル乗用車は今販売が好調です。以前日本ではディーゼル乗用車のシェアが、一番多い時で30%ありました。でも現在はたったの1%にすぎません。ここへ乗り込み成功を勝ち取りつつあるマツダには頭が下がる思いですが、日本においてのディーゼル車、世界においてのディーゼル車、結局はどうなのか、私なりにお伝えしてみたいと思います。

マツダ ディーゼル車 日本のディーゼル事情

 日本人はディーゼル車が嫌いです。あなたはディーゼル車に乗りたいと思いますか?ディーゼルと聞いて何を思い出しますか?大抵の方は、黒い煙とうるさい音、力のないエンジンやよたよたと走る様を想像する事でしょう。私が乗用車を販売していた数十年前は確かにそうでした。東京都では、石原都知事によるディーゼル車規制などもありましたよね。あの、黒い煤をまき散らしながらの記者会見を思い出す人も多いのではないでしょうか?以前はそうでしたが、今現在、ディーゼルエンジンの技術は各段に進歩しています。

マツダ ディーゼル車 欧州でのディーゼル比率

 ヨーロッパの新車販売におけるディーゼル車の割合をご存知ですか?日本では嫌われているディーゼル車ですが、欧州ではとても人気があり、新車販売の五割以上がディーゼル車です。この事からみても、乗用車とディーゼル車は相性がいいということがおわかりいただけると思います。日本にディーゼル車が普及しない理由として、まず一つは、日本人はかつてのディーゼル車のイメージが取り払えないという事が上げられるでしょう。更に世界に名だたるトヨタもホンダもディーゼル乗用車には力を入れていません。更に現在流行している軽自動車には設定もありません。そんな中でマツダは独自の技術でディーゼル車を開発し、成功しつつあります。

マツダ ディーゼル メリット

 ディーゼル車のメリットは数々あります。ディーゼル車そのものは、力もあり燃費も良く、かつてのようにうるさくもありません。現在は黒い煙も吐かなくなっています。例えば高速道路や一般道を走っているトラックを見てみて下さい。かつてのような真っ黒い煤を吐き出して走っているトラックがいるでしょうか?トラックのディーゼルエンジンも一昔前に比べると格段に進歩を遂げ、力は大きく、煙は出ないようになっています。乗用車のディーゼルも同じような改良がなされているのです。細かい点はマツダの説明に譲りますが、この辺りの技術革新はとても大きなものがあります。また、環境面でもディーゼルエンジンは貢献しています。原油からは様々な油種が生成されますが、日本はガソリンばかりを使っているために、軽油を輸出しています。軽油の使用量を上げ、ガソリンの消費を減らすことで、余計なCO2の排出を抑える効果も期待できるのです。

マツダのディーゼル車に乗ろう

 私は個人的には一つのメーカーの車を乗り続けて来ましたが、次に車を買い替える際は真面目に、マツダのクリーンディーゼルを買おうと思っています。細かな技術面では様々な議論があるようですが、かなり良く出来ていると思っています。デザインやカラーも素敵です。車を買う際は、神経質になるなら、アフターサービスや次に乗り換える際の下取り価格の下落率なども考えた方がいいのかもしれません。ですが、一通り車の事はわかりますし、一度買えばポンコツになって値段がなくなるまで乗るスタイルなので、このような事を考える必要もなくなって来ました。トヨタのハイブリッドもそれはそれでいいと思いますが、少し個性を出してもいいかなと最近は思っています。あなたも是非、マツダのディーゼル車を検討してみて下さい。軽油を燃料として使うことでCO2削減に貢献できるなんて、素敵ですよね。

スポンサードリンク 




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら




このページの先頭へ戻る