軽トラを輸出したい。アメリカへ高く売る方法があります。

軽トラは当たり前の乗り物だけど…

軽トラックをアメリカに高く売る方法があります

 軽トラック、軽トラは、私たちにとってなくてはならない乗り物です。普段の足に、仕事にと、自らの手足となってくれる頼もしい軽トラ。ある意味、乗用車よりも愛着がある方も多いのではないでしょうか?軽トラはその性格上、乗用車とは違い、それなりの期間お使いになる方が多いのも特徴です。でも、日本には2年に一度のきちんとした車検制度がありますので、皆さん綺麗に、きちんとしたコンディションが保たれていますよね。あなたの軽トラもそうでしょうか。実は今、この軽トラが、アメリカでとても人気があるのをご存知ですか?軽トラがどうしてアメリカで受け入れられているのか、その理由と、もしかするとあなたの車も、アメリカへ高く売れるかもしれない、その具体的は方法をこちらでお伝えしたいと思います。


車がなければ生活できない国アメリカ

 都市部を除く日本でも言われていることですが、アメリカは車がなければ生活する事ができないほど、車が生活に密着している車社会です。また、日本とは違い、車の使い方にもお国ならではの特徴があり、特にトラックには、日本では考えられないような大きな需要があります。例えば、アメリカでは広大な大地に出かけて行って狩りをする事があります。狩りで仕留めた獲物を、そのまま荷台に放り込んで帰ってくるなどということが、日常的に行われているわけですね。また、広大な大地を利用して、牛や馬や羊などを飼っている人もいます。トラックの荷台に餌を積んで行って、どかんどかんと餌を上げに行くなどの使い方もあります。このようにアメリカでは、車、自動車、トラックが、私たち狭い国土に住む日本人には考えもつかないような方法で使われています。

その特徴は

 アメリカの車というと、どのような車を想像されるでしょうか?そうです、アメリカの車は、このような理由から、全てがビッグなのです。エンジンのサイズ、荷台のサイズ、どれをとっても、大きいものが多く、このサイズの車、トラックが長い間アメリカでは使われてきました。ところが、時代の流れで、無理や無駄を見直す風潮が高まります。古き良きアメリカの時代に比べると、トラックの大きさは小さくなってきていますが、それでもまだ、日本のトラックに比べればサイズは大きいです。

とあるアメリカ人が輸入したら大変なことに…

 スマホの進化と共に、時代はグローバル化の流れとなっています。忍者や日本食、ラーメン、新幹線など、様々な日本の文化が海外で紹介される時代になりました。少し前に日本のテレビでも紹介されましたが、実は今、日本の軽トラが、アメリカで大人気なのです。アメリカの生活は車社会。どこへ行くにも車を使います。
 とあるアメリカ人は、密かに日本の軽トラを購入しました。小さくてかわいい独特のフォルム、燃費の良さ、取り回しの良さ、思った以上に良い乗り心地、どこへでもトコトコと入っていく事ができる機動性の高さ、そして車検制度に守られてきた日本の車の品質の高さなど、大変気に入っています。ハンバーガーを買いに軽トラで行くと、「そのトラック、キュートでいいねぇ。どこで買ったんだい。日本製かい?」と、話しかけられます。スーパーでも、ガソリンスタンドでも、かわいい軽トラは目立つ目立つ。アメリカでは、他人と違うものを持つのがある意味ステータス。軽トラは、一部のアメリカ人に今、熱狂的に支持されているのです。

もう一つの理由

 現在、アメリカに住んでいる人が、日本で生産された日本の新車を買うことは、そう簡単にはできない仕組みとなっています。かつて日本とアメリカには貿易摩擦があり、特に自動車に関しては、厳しい決まりがあります。しかし、この厳しい決まりも、製造から25年が経過すると、適用外となります。従って、製造から25年以上が経過した日本の中古車は、アメリカへ簡単に輸出することができます。もし、あなたの軽トラが製造から25年以上経過しているなら、アメリカへ高く売ることができるかもしれません。

具体的な方法

 あなたの軽トラを高く売るにはどうすればいいのでしょうか?ご安心下さい。実は日本は、世界に名だたる自動車の製造国であるのと同時に、超高品質の中古車を生み出す、中古車の生産国として、世界でも有名なのです。その大きな理由は、几帳面な国民性と車検制度にあります。私たち日本人は、車を綺麗に使います。でこぼこの道は、殆ど走りません。ちょっとぶつかれば修理しますし、私たちを悩ませる、二年に一度の車検制度があるので、メンテナンスもきちんとされています。このような事から、日本の程度の良い中古車を手に入れ、輸出したいと思っている業者が、実は日本国内に潜在しているのです。

輸出の業者さんは、どこにいるのか?

 あなたの車を欲しがっている業者は、実は各地域であっちこっちに存在しますが、表面的には看板を掲げて商売をしている人はそれ程多くはありません。彼らは、例えば、多大な広告費用をかけて宣伝をしている、車買取の大手店の下に入っていたり、安定して下取り車が入ってくる、自動車ディーラーの下に入っていたりします。ここからの情報で車を手に入れて商売しているわけですが、どうしても中間にお店が入ると高くなってしまうのですね。また、中古車業界ではオークションの仕組みが確立されていますが、この会場に行くと、今はかなりの割合で海外の方々がいらっしゃいます。彼らはこのように、オークションや中古車買い取り業者から仕入れをして、海外へ輸出していますが、できれば直接、ユーザーである貴方から買いたいと思っています。でも、現実は難しいのですね。

作戦

 彼らは、街の中古車販売店と繋がっている場合があります。買取の依頼があった際、このような中古車販売店を通して中古車市場に流通してくるタマ、車は、彼らにとってはとても魅力的なのです。売れることがわかっていれば、最終的には高く買ってもらうことができます。でも、商売的には、安く買って、高く売るのが基本ですよね。逆を言うなら、買うという意思表示があるなら、最終的には高く売れる可能性があるということです。

 

 具体的には、一括査定サイトを使います。この手のサイトにもいろいろとありますが、今回、軽トラックをできるだけ高く、最終的には輸出する業者に販売したいのであれば、カーセンサーがお勧めです。カーセンサーは元々は中古車を販売する雑誌から始まっていますので、特徴として、小さな業者とも数多く契約しているという実績があります。大手買取店とは違い、地域に密着した、地方色の強いお店が数多く登録しています。中古車販売店を一軒一軒回って行くのはとても大変ですが、一括査定のシステムを使えば、一度の入力で、沢山のお店に依頼ができますので、便利です。一括査定は申し込み後に電話がジャンジャン鳴って大変だという噂がありますが、カーセンサーの場合は、こちらから相手に、依頼の画面上で要望を伝えることができます。お客様に関する情報の欄の一番下に、任意項目という欄がありますので、ここをクリックすると、連絡時間帯を入力することができます。折り返し連絡の時間を指定したり、連絡はメールで、などと入力することができます。

 

⇒ カーセンサー.net簡単ネット査定

 

とりあえず、価格の相場を知りたいなら

 こちらの一括査定に申し込みをすると、折り返しの連絡で、あなたの車の、直近中古車オークション取引価格を知ることができます。取引業者は、業界を代表する大手ばかりですので、この点も安心ですね。

 

⇒ かんたん車査定ガイド

じっくりと、高く売りたい。時間はある。それならこちら!

 一括査定にも、実はデメリットがあります。それは、自らでいくつかの買取業者さんとやり取りをしなければならないこと。お仕事で営業をされている方なら何ともない方もいらっしゃると思いますが、それでも電話が鳴ったり、価格の面で泣きつかれたりするのは、どうしても性に合わない、という方もいらっしゃることでしょう。そのような方にお勧めなのが、こちらのシステムです。最終的には、あなたの車を独自のセリにかけることができます。その前に、あなたの車をスタンド等、約束の場所に持ち込んで、査定をしてもらう必要があります。連絡は、はじめに一度だけで済み、しかも、オークション同様、独自の入札制度に車を出品することができますので、入札システムの向こうにいるかもしれない、輸出専門業者に、アプローチする可能性が限りなく広がります。一点だけ、はじめに最低落札価格を設定しますが、この価格以上になった場合は、売却義務が発生しますので、この点だけはご注意下さい。

 

⇒ 車の買い取り査定サービス

 

興奮!15分の、ライブオークション!

 こちらも上記とほぼ同様、独自の入札システムに出品することができるシステムです。拠点が東京の甲州街道沿いにあり、かつてはこちらに車両を持ち込める、或いは、こちらから出張査定に行ける事が条件でしたが、現在全国規模で受付店を増やしており、貴方がお住まいの東京以外の地域でも、こちらのシステムを利用できるかもしれません。最大の特徴は、15分のライブオークション。オークションの様子は、お店の端末で実際に見ることができます。スタッフと一緒に、「上がれ!」と連呼し、価格が上がった時には、喜びもひとしお。そんなシステムがこちらにあります。

 

⇒ カープライスの中古車買取オークション!

 

 

 あなたの軽トラが高く売れることを、心よりお祈りしております。

page top