スポンサードリンク




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



車に乗る人が少なくなり、事故が増えてしまっているのが要因です

 

さまざまな要因があります

 

 自動車の任意保険料は、最初の頃は少々高くても、何十年もかけ続ければ段々と安くなって行くものでした。

 

 ところが現在、この大前提が覆っています。

 

 

 原因はいろいろあります。

 

 

自家用車の人気が低い

 

 自家用車に対する考え方が、世代によってかなり違っています。

 

 現在40代、50代の方は、就職するとローンを組んで自家用車を買った人が多いものです。

 

 

 ところが現在ではどうでしょう? 景気が悪くなってどこの会社も正社員の募集を控えているという現実があります。

 

 就職も難しいのですから、車どころではありません。 

 

 仮に就職できたとしても、以前のように終身雇用は約束されていません。 いつどうなるかわからないのです。

 

 

 これでは車の人気も下火になって当然だと私自身も思っています。

 

 都市部の人々は車を共有する カーシェアリング ( 首都圏 関西圏 ) などを利用するようになっています。

 

 自分で車を買って乗るのは、車がなければ生活できなかったり、通勤に車が必要な環境の方になっています。

 

 車の所有がステータスという時代は終了しています。

 

 

高齢者の事故が増加

 

  スーパーに買い物に来た車がアクセルとブレーキを踏み間違えて店舗に激突。

 

 高速道路を逆走して、重大事故…

 

 

 通常なら考えれれないような事故が増えています。 

 

 全てとは言い切れませんが、高い確率で高齢者に多く起きています。

 

 

 これでは保険会社はたまりません。 現在保険料の見直しが行われており、50代以降は継続時の料金が引き上げになります。

 

 かなり高くなります。

 

 国内損保は合併が進み、バブルの頃には20以上あった保険会社も、最終的には3つになるようです。

 

 

 市場開放で数年前から外資系の保険会社が参入していますが、一度見積もりを取ってみるといいかもしれません。

 

 状況にもよりますが、数万円の単位で掛け金が違ってくるケースもあります。 ⇒ こちら

 

 

 

自動車保険高騰の対策

 

 先ほども少し述べましたが、これから先、どんどん保険料が高くなって行く事が予想されます。

 

 保険は信頼の点では日本の保険会社がいいのですが、こんなに任意保険代が高騰しては、車の維持もままなりません。

 

 

 車の維持が大前提であるなら、外資系の会社も含めて
 一度 一括見積もり をしてみましょう

 

 

 状況が許すなら、車の所有をやめるのも一つの方法かもしれません 
 あなたは 自分の車がいくらになるか を 知っていますか?

 

 

 駐車場代などの維持費に辟易しているなら
 みんなで一台の車を共有する カーシェアリング も1つの方法です


 


 

  時代を上手に生きるための嬉しいサービスが提供されています

 



保険が安くならないか ?




買取りの一括査定をする




プリウス・インサイト・iQ、今日はどれにのる?





自動車保険 見積もり




あいおいニッセイ同和損保、東京海上日動、損保ジャパンという大手と、ソニー損保、アクサダイレクトといった外資系の会社とを比べる事ができて大変便利!利用者500万人突破の実績ある保険比較のサイトです。


⇒ 一番安い自動車保険を捜す


車買取比較


より高い値段で売却するためには、複数の業者に査定してもらうといいです。 あなたの車の価値を一度聞いてみるのもいいですね。 価格が良ければ手放す決意ができるかもしれません。



⇒ 愛車の最高額がわかる




カレコ・カーシェアリングクラブ



保険代も駐車場代も車検代もいりません。もちろん任意保険が高くならないかという心配からも解放されます。ナビとETC搭載、保険加入済みの車にすぐ乗れる!



⇒ カレコで、クルマを持たずに、マイカーに乗ろう。

⇒ 関西地区はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク 




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



高くなる車の任意保険料 自動車任意保険の料率改定の対策関連ページ

等級プロテクト特約廃止
東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパン、あいおいニッセイ同和損保、日本興亜損害の各社では、2012年10月1日より、等級プロテクト徳訳が廃止になりました。
自賠責の存在
任意保険の役割を復習しましょう。自動車任意保険は自賠責保険で賄えない部分を保証します。高額な車、高額な建物などを壊してしまった際には、とても頼りになる半面、とても掛け金が高くなって来ています。

このページの先頭へ戻る