タイヤ交換 工賃 時期 値段 方法 オートバックス

スポンサードリンク




タイヤ交換はオートバックスがおすすめ

 私もいろいろなお店でタイヤ交換をしてきましたが、おススメはオートバックスやイエローハットなどのタイヤ専門店と言われるお店です。このようなお店はとても入りやすく、品ぞろえもしっかりとしており、在庫もきちんと確保されています。わからないことがあればスタッフが対応してくれますし、接客態度にとても好感が持てます。オートバックスは海外製の格安タイヤも取り扱っています。例えば韓国製の場合は、国産メーカーの半値以下で買える商品もあります。このサイトの中でも格安タイヤ販売のオートウェイを紹介していますが、オートウェイの唯一のメンドクサイ所は取り付けのお店を探さなければならない所です。例えばオートウェイで通販で買った商品をオートバックスに持ち込んで組み換えをしてもらうと、交換工賃は割高になってしまいます。自宅の周辺に取り付け可能、直送可能な良心的なお店があればいいのですが、仕事をしながらこのようなお店を丁寧に探すことはなかなか難しいと思います。限られた休日に効率よくタイヤ交換をしたいのであれば、オートバックスをお勧めします。

タイヤ交換 オートバックス 料金

 タイヤをオートバックスで購入した場合、タイヤ交換には工賃がかかります。はじめて聞く方には割高に思えるかもしれませんが、タイヤ交換を早く確実にするためには専用の機械が必要です。お店によって若干の違いがありますが、大抵はタイヤ組み換え工賃が一本千円(税抜き)、そして、古いタイヤを処分する際にタイヤ処分料が一本300円程度かかります。タイヤを組み替える際にバランスの調整が必要ですが、これは一本千円に組み込まれている場合が多いです。お店によってはバルブ取り換えや窒素充填などを奨められる場合があります。バルブは何年も使っていれば劣化してくるものですが、私の見解では車を代替えするより前に劣化する事は無いように思っています。新車で購入してのタイヤ交換で数回目までは必要ないと感じています。窒素は言う人が言うにはお店の利益商品ということです。よっぽどのこだわりがない限りは必要ありません。軽自動車やプリウスクラスまでの車なら工賃もこれ位で済みますが、RV車や1BOX車、特殊なタイヤの場合は、工賃が1.5倍か、別途設定されていますので、事前に確認したほうがいいでしょう。オートバックスも店により交換工賃を設定していますので、最終的にはお店で確認なさって下さい。

あなたの車を欲しがっている人を、探し出す方法

日本のどこかに必ずいます
今すぐできる具体的な方法

⇒ 入札に、簡単に参加できます。



スポンサードリンク


page top