スポンサードリンク




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



タイヤローテーションとは

 タイヤのローテーションをご存知ですか?オートバックスやタイヤ販売店で時々聞かれる言葉ですが、オイル交換や車検などの言葉よりも重要視されていないキーワードだと思います。車検は法律上必要なものですし、オイル交換は怠ると車を壊してしまいます。タイヤローテーションは行わなくても法律に抵触しませんし、車自体は壊れることなく乗り続けることができます。しかし、タイヤローテーションを少しだけ意識するだけで、タイヤの寿命を延ばすことができるのです。こちらのコーナーではタイヤローテーションの必要性とそのメリットについてお話してみたいと思います。

タイヤローテーション タイヤは減る

 タイヤ交換をすると気持ちのいいものですよね。でも、タイヤは消耗品で、走行距離が延びればそれだけタイヤの溝も減ってきます。タイヤの溝はミリで表記されますが、このタイヤの溝が1.6mm以下になると車検に通りません。このように、車検に通りません、と言われると、私たちユーザーは気にしてしまうものですよね。大抵はこの文句の後にタイヤ交換を奨められて、タイヤ交換をするのが普通の方の流れだと思います。タイヤのローテーションは、ここまで来るプロセスを少し長くしてくれます。結果として、車の維持費、タイヤの交換頻度を減らし、維持費の節約に繋がる作業なのです。タイヤは走行距離に応じて減って行きますが、その減り方は厳密に言うと均一ではありません。一般的に車の前側にはエンジンをはじめとする重たい部品が多く据え付けられています。そして、私たち運転手は右側に乗っていますよね。前後左右で、タイヤにかかる荷重が微妙に違うのです。前後のタイヤは舵を切りますので、外側の消耗が多くなります。それに対して、後ろのタイヤは均一に減って行きます。このタイヤの減り方の差を均一にする目的で行うのが、タイヤローテーションなのです。

タイヤローテーション 作業内容

 以前の車には取り付けられているタイヤと同じサイズのスペアタイヤが搭載されていました。スペアタイヤと合わせて、タイヤの減り方を均一にするよう考えながらローテーションをしていきました。現在、スペアタイヤは応急用のテンパータイヤが装着されています。ですから、ローテーションはスペアタイヤを合わせた5つのタイヤではなく、現在装着されている4つのタイヤで考えます。ローテーションはオートバックスなどで依頼すると、タイヤのプロがどうすれば一番いいのかをアドバイスしてくれます。受付の方よりも、実際に作業をしてくれる人から直接状況を聞き、どうすればいいのかを教えてもらうことがベストです。料金はオートバックスの公式ページによれば交換工賃が2000円と消費税です。この負担でタイヤの寿命を延ばすことができるのであれば、私はそれほど高いものではないと思います。方法としては、皆様の車の使い方や車種にもよります。ミニバンや4WDはタイヤへの負担が大きいとされています。前後をそっくりと入れ替える方法や、少しずつずらしていく方法、また、場合によってはタイヤを組み替えてひっくり返すのが有効な場合もあるかもしれません。オートバックスをはじめとするタイヤ交換のお店には経験豊富なプロが常駐していますので、一度相談してみるといいかもしれません。

タイヤローテーション 自分でできないか?

 タイヤローテーションの工賃は2000円程ですが、何度も行うのはもったいないという人のために、私の体験談をお話してみたいと思います。私はタイヤローテーションを自分でできないか考え、実際に行ってみました。インパクトレンチやジャッキ一式の道具は揃っています。私の地域では季節ごとに夏タイヤと冬タイヤに履き替えます。タイヤ交換に関しては、不慣れではありません。タイヤローテーションの作業は、タイヤ交換とは大きく異なります。タイヤ交換の場合は、一本一本作業していけばいいのですが、タイヤローテーションの場合は、一瞬でもタイヤ二本を取り外さねばなりません。この状態を作るのが、私はとても面倒に感じています。もしくは、外したタイヤの所に一回一回テンパータイヤをはめ込む作業が必要です。インパクトレンチ、専用のタイヤジャッキがあっても、タイヤローテーションをスムーズに行うには、あと、専用のピット、よくスタンドなどで見かける、四輪を同時に上げることができるリフトが必要だと思います。。素人でタイヤローテーションのためにここまで準備する必要はないと思いますが、なければ作業はなかなかメンドクサイものとなります。私は自分でタイヤローテーションをするのを諦めて、オートバックスにお願いする事に決めています。また、私の地域では夏と冬のタイヤが違いますので、履き替える際に溝の減り方を見ながら取り付けを行うことで対応しています。また、車検整備の際にタイヤの前と後ろを入れ替えてもらうのも一つの方法かもしれません。車検時は先方の言うなりになるのではなく、いろいろな事を相談してみることをおススメします。

スポンサードリンク 




それじゃぁ 高く売れないよ… (/ω\)

ちょっと頑張れば、5万円位高くなるかもです。


⇒ 注意する事はこちら



タイヤローテーション関連ページ

タイヤ交換の時期は?
タイヤ交換の時期はどの位がいいとお考えでしょうか?言われるがままに新品のタイヤを4本交換すると、10万円近くかかってしまうものですが、私はつい先日、新品のタイヤを2万5千円で取り付ける事ができました。その方法をご紹介します。
タイヤ交換 オートバックスでのメリット
タイヤ交換をどこでするかは

このページの先頭へ戻る