車 高く売る コツ 方法

スポンサードリンク




数十台をこの方法で売買してきました

仕事とプライベートで、数限りない取引をしてきました

 管理人は業界を離れたあとでも、プライベートで数十台の車を買取屋さんに売って来ました。一円でも高く、完全に売買交渉をするならかなりの時間と手間がかかりますが、今はインターネットも発達して便利なサイトもあり、かなり売る側にとって有利な状況にあります。
 何の知識もないままに買取比較サイトにアクセスし、記入をしてしまうと、業者との対応に追われて大変な事になりますから注意が必要です。でも、ご安心下さい。 私の経験を元に、最低限の負担で最大の価格を引き出すコツをお伝えしたいと思います。

必要な部分だけをお使いください

 私の場合は比較的時間もありましたので、趣味と実益を兼ねてねっちりと交渉を行っていました。でも、みなさまはいろいろとお忙しいことと思います。最終的な目標は車が高く売れる事であって、この方法を全て実践することではありません。一通りお読みいただき、必要な箇所だけを実践いただいても、もちろん効果的です。

高く売るコツは 沢山の人に問い合わせをすることです

 あなたの車を高く売るためには、効率的な査定の依頼と、それに対する対応が不可欠です。

買取比較サイトを使います

 あまり好きじゃないという人もいらっしゃるかもしれませんが、少しでも高く売ろうとするなら、「アイミツ」 ではありませんが、いくつかの業者で競合させる必要があります。公共工事などでも行われている通りですね。 今はサイトに記入するだけで、沢山の買取業者にアプローチをすることができます。

効率的な交渉を進めるために

 たくさんの業者さんにオファーを投げかけると、当然沢山の返事が返ってきます。車を高く売るためには、この先の進め方がとっても大切になります。 ちょっとしたコツを実践することで、かなり楽になります。後ほどお話します。

感じのよさそうな会社、担当の方を選ぶ

 中にはこちらのお願いを聞き入れてもらえず、業者の状況ペースで商談を進めようとする人もいます。一方で、きちんと決まりを守り、挨拶や言葉使いも丁寧で、感じのいい人もいるでしょう。同じ売るなら、会社だけではなくて、人柄を見る事も大切になります。

心構え

 車を売ると簡単に言いますが、印鑑証明を添付して実印を押下するという、れっきとした取引になります。場合によっては金額も大きなものになります。お互いにマナーを守り、きちんとした紳士的な取引を心掛けるようにしたいものですね。

2018年3月 改訂

 今までこちらのサイトでは、一括査定の具体的な方法をご紹介してきました。今までは確かに一括査定は高く売ることができる一つの方法でしたし、それは現在も変わりはありません。しかし現在、インターネットの世界は大きな変化を遂げています。自動車を高く売る方法も、様々な方法が生まれてきています。私が常に考えているのは、いかに簡単に、いかに高く車を売ることができるか、という事です。私が現役時代にはあり得なかった、この願いをかなえるシステムが、昨今産まれてきており、実際に稼働を始めました。しばらくは様子を見ていたのですが、かなり良い感じで推移しているようですので、メリットデメリットを含めた上で、ご紹介したいと思います。

一括査定のデメリット

 今までご紹介して来た一括査定は、確かに最終的には「高く売れるかもしれない」という、売る側にとっての大きなメリットがあります。しかし、一括査定で高く売るためには、数多くかかってくる電話対応を始めとする、売る側の対応力が必要になって来ます。一括査定に申し込まれた方の中には、買取業者の巧みな話術に押し切られて、即決で買取契約を交わしてしまった方も数多くいらっしゃいます。それは考えてみれば当然の事です。なぜなら、一括査定で査定に来る各業者はノルマを抱え、どんな方法を使ってでも買取をしてくるように、だけど利益は確保するように、と、会社から言われているからです。こんな理不尽なことを言われながら、各業者の買取担当者はあなたの車を査定する訳ですね。そうなると、おのずからそのストレスのしわ寄せは、買取を依頼したあなたに来てしまうという訳です。また、同じ地域で一括査定に参加している買取業者の担当者は、顔なじみになっているケースもあります。これ以上は書きませんが、このように、一括査定には、高く売れる可能性があるという反面、それ以上に、買取を依頼する側に大きな負担がかかるという現実があることをお伝えしておきます。この事実を踏まえた上で、今回こちらに新しいシステムをご紹介させていただきます。

一括査定のデメリットを克服している

 こちらにご紹介する方法は、今まで説明してきた一括査定のデメリットを完全に克服している方法です。具体的にご紹介しますね。

電話がじゃんじゃんかかってこない。対応が超簡単。

 一括査定は、沢山の買取業者に査定を申し込むシステムですので、例えば5つの買取業者があなたの車に興味を示したとするなら、5つの会社との具体的なやり取りが必要になります。連絡が来る、車の状況を話す、査定の段取りをする、査定に来てもらう、値段を交渉する、他社と比較をする、最後の一押しを確認する、最終的な判断を下す、というように、何度も何度も買取業者と連絡をしなければなりません。あなたがいつも家にいることができる自営業者であったとしても、これを完全にこなすのは至難の業です。ましてや、日曜日しか休みではないサラリーマンであればなおさらです。各業者は、連絡の度にあなたに対して買取契約を迫ってくるでしょう。これを上手にかわすのは、とてもストレスフルです。できればこのようなストレスを抱えることなく、簡単に価格が上がればいいですよね。なんて思っていたら、こちらの方法がその願いを叶えてくれたのです。
 全ては ユーカーパック という会社が行ってくれます。あなたはこちらのサイトにアクセスして、車の情報を入力し、おおよその相場価格を確認した後、査定の段取り、査定をしてもらうだけで、全てが完了します。対応する会社が一社だけなので、あなたはこちらの担当者と連絡を取り合うだけで済みます。電話がじゃんじゃんかかってくる心配などありませんし、即決を迫られることもありません。

どうして高く売れるのか?

 ユーカーパック は、独自のネットワークを持っており、約2,000にも渡る業者が、あなたの車の情報を見て、入札に参加しています。この参加業者に特徴があります。大きな業者はあなたの車を仕入れると、大抵の場合はオークションでさらに転売して利益を得ます。一方で、こちらに参加している業者は、地方の小さな小売業者、中古車販売店までをもカバーしています。大手買取業者がさらに転売する先の業者が、直接あなたの車を買うことができるシステムになっているので、一般の買取に比べて、価格が上昇する可能性が高くなります。具体的には車種にもよりますが、買取業者が当初提示する一発目の価格よりも、こちらの最終買取価格の方が25万円から35万円程度、高くなるケースがあります。※車種や相場によって変動があります。条件によって結果は異なります。

デメリットはないの?

 こちらの方法でも、残念ながらデメリットがあります。敢えてデメリットを探すなら、一括査定なら即決即現金化するのが可能なのに対して、こちらの方法だと若干時間がかかってしまう、というのがデメリットとなります。あなたが車の情報をフォームに入力後、査定の段取りとなり、査定後に独自ネットワークでオファー、各業者が入札、という段取りになりますので、これはメリットと相殺できるデメリットだと思います。また、注意するべき点として、査定後に出品する際、最低落札価格を設定します。この額を上回るオファーがあった場合には、売主である貴方に売却義務が発生します。冷やかしでの出品や、相場確認の出品、また、売買を生業とするプロの出品もできませんので、この点はご注意下さい。また、車検証にディーラーの所有権が付いている際には、書類関係でのトラブル防止のため、担当者との打ち合わせを綿密にすることをお勧めします。規約では、売る側が提出しなければならない売買書類の提出が遅れると、違約金が発生する決まりになっていますので、出品時に必要書類を確認し、それが完全に揃うかどうかを確認したほうがいいと思います。特に住所変更が何回もある場合や、名義人が亡くなっている場合などは、法定相続人全ての書類が必要となる場合もありますので、注意が必要です。

お申し込みは簡単!

 こちらのサイトにアクセスいただき、お車の明細をご入力いただくだけです。とにかく、このシステムは間接的にあなたが実際にオークションをするのと同じ結果が得られる可能性を秘めています。車を高く売りたいと思っている方にとって、これ以上ない方法です。
⇒ 車の買い取り査定サービス

一括査定も捨てがたい方へ

 一括査定も捨てがたい、できるだけ早く現金化したい、という方には、こちらの カーセンサー.net簡単ネット査定 がお勧めです。カーセンサーは一括査定ですが、備考欄があり、取引はメールで、と書く事もできます。また、カーセンサーは地方の小さな自動車販売会社までをもカバーしているので、あなたの車の情報を見て、何があっても買取したい、しなければならない、と決断する業者も多いのです。そうなればしめたもの。複数業者が集まれば、あとは価格が上がっていくのを待つだけです。いいえ、死ぬ気で買取をしたい地方の中古車販売店なら、突然一発目で、考えられない価格を提示してくれるケースも数多くあります。気になる方は、カーセンサーも要チェックです。

 

⇒ カーセンサー.net簡単ネット査定

あなたの車を高く売るコツと実際の方法記事一覧

 中古自動車査定基準に書かれている言葉 自動車ディーラーや査定士と呼ばれる人達は、中古自動車査定基準に従い査定をしています。 この基準によると、修復歴とは、交通事故やその他の災害により自動車の骨格等に欠損を生じたものまたはその修復歴のあるもの となっています。 これではよくわかりませんので、具体的な図を使ってご説明します。

 こちらのサイトでいろいろと書いていますが、管理人は大型車の運転に10年以上携わってきました。 いいんだか悪いんだか組合の分会長などもやらされましたので、現場の悩みや辛さはもちろんわかっていますが、それ以上に、会社として、運送業界全体の様々な状況を知る事ができました。 いい話はそれほどなく、(新車が入った時くらいかな) 殆どが愚痴やため息、みんなかろうじて頑張っているんだな、という感じが、現場から...

 あなたが自分の車を売ろうと思った場合、一円でも高く売りたいと思うのは当たり前です。中古車オークションは使い方によってはあなたの「一円でも高く売りたい」希望を叶えてくれることでしょう。でも、使い方によっては失敗する場合もあります。ここでいう失敗とは中古車オークションや車のネットオークションを使ってみたものの、思ったような価格にならなかった、という結論を言っています。売れるけど売れない、なんて言われ...

 プリウスは今、最もアツい車種の一つと言っても過言ではないでしょう。プリウスは新車でも人気がありますが、もちろん中古車でも人気があります。大事に乗ってきたプリウス、少しでも高く手放したいですよね。こちらのコーナーでは、あなたのプリウスを一円でも高く売る方法をお伝えします。考え方 プリウスは沢山の新車が販売されてきました。その分中古車市場にも沢山のプリウスが流通しています。あなたと同じような状況のプ...

 軽トラック、軽トラは、私たちにとってなくてはならない乗り物です。普段の足に、仕事にと、自らの手足となってくれる頼もしい軽トラ。ある意味、乗用車よりも愛着がある方も多いのではないでしょうか?軽トラはその性格上、乗用車とは違い、それなりの期間お使いになる方が多いのも特徴です。でも、日本には2年に一度のきちんとした車検制度がありますので、皆さん綺麗に、きちんとしたコンディションが保たれていますよね。あ...

 時は昭和の59年、私がとあるトヨタのディーラーの中古車センターに配属となった時、販売中の展示車両に、このような表示をしていました。当時はまだ、新車の注文書にエアコン代を計上するという時代でした。月日が流れるのは早いもので、あの会社に入ってから数十年が経過しています。時の流れと共に、いろいろな事柄が変化を遂げてますが、地球温暖化に伴う気温の上昇、それに伴う、車を含めたエアコンの普及は、めざましいも...

 かなり昔の話で申し訳ありませんが、私はかつてベンツの190Eという車に乗っていたことがあります。日本車と比べると、走りかカチッとしていて、ドアの閉まり具合も良く、とても気に入っていたのですが、ある時エアコンの効きが悪くなっていることに気が付きました。日本車に比べると、電気関係が弱いとは言われていたものの、まさか私の車のエアコンが壊れてしまうとは、夢にも思いませんでした。私はエアコンが壊れていても...

 以前、とある番組で紹介されていましたので、ご存知の方も多いと思います。今、日本の軽自動車、特に軽トラックが、アメリカで大人気となっています。日米間ではかつて自動車の貿易摩擦などという難しい問題がありました。時代の経過とともに、事情は変わってきています。インターネットが発達したとはいえ、未だに海外の方々から見れば、日本はミステリアスな国。クールジャパンという言葉に象徴されるように、アメリカの方々か...

 スーパーなどで販売されている商品とは違い、中古車には定価がありません。従って、価格設定は、中古車を販売する側が相場を見極めて行います。 中古車を販売するお店が、仕入れをする際も同じです。次に売る価格がわかっているなら、それ相応の、利益が見込める価格で買い取りします。 新車を買う際、私たちはオプションや色などを自由に選ぶことができます。どのような組み合わせでも、新車は生産工場にオーダーされ、ライン...

 どうしても転勤で車を手放さなければならなくなった、あるいは、次の車に買い換えるので、下取りよりももっと高く売りたい、そう思うのは当然です。いろいろと検討していると、最も高く売れるのは中古車のオークションではないかなぁ、と思う方も多いと思います。こちらのコーナーでは、中古車オークションに実際に車を出品する、「中古車オークション出品代行」のメリットやデメリットをご紹介します。車を一円でも高く売りたい...

 ウォーターポンプという部品は、エンジン本体にくっついている、鋳物製の部品です。エンジンが作り出した回転の力を、専用のベルトで出力し、その力でエンジンを冷やすための冷却水を循環しています。車のエンジンは「車の心臓」とも言われていますが、ウォーターポンプは「第二の心臓」とも言える、とても重要な部品です。ウォーターポンプはその文字の通りポンプですから、中に水を循環させるための羽根、「インペラー」と呼ば...

page top