ダンプカー 運転手は怖いのか?

スポンサードリンク




ダンプカーの運転手は怖いのか

 ダンプカーをはじめとして、大きなトラックの運転手は怖いイメージがあると思います。私も乗用車に乗っている時はそう思います。ですが、これは誤解です。大型車もダンプの運転手も怖くはありません。運転している車が大きいのと、構造上どうしても車間距離が詰まり気味になってしまうこと、また、エアーブレーキの音などが怖さを醸し出してしまう要因となっているようです。ダンプカーの運転手はごく普通の人です。誤解を招く要因としてもう一つお伝えするとするなら、大型車と乗用車の方の運転マナーに関して、双方の違いをしっかりと理解して共存する必要性を私は感じています。例えばですが、大型車、特にダンプカーは構造上ブレーキを踏んでも急に止まれるものではないために、車間距離を保ちながら運転しています。また、それに加え、一日何回走らねばならないという制約や、昼休みまでに何回終わらせる予定というプレッシャーなどもあります。この事はすなわち、運転手の心理状態を変化させてしまうのです。そこに加えて、前の車との距離を空けて走っているダンプの前に乗用車が平気で割り込んで来たりすると、カッと血がのぼってしまうのです。このような要因が、大型車の運転手にはついて回ります。もちろん私たち大型車の運転手も気を付けはしますが、乗用車の方も無理やり大型車の前に割り込むことは極力避けるようにしていただければと思います。まず第一に、車と言えども全く違う挙動をするものが同じ道路を使って移動しているという事を覚えておいていただきたく思います。ダンプカーをはじめとする大型車は、止まる事も走る事も、乗用車と同じようにはできません。相手の車の構造を理解し思いやることが、交通のトラブルや誤解を生まないようにするための方法だと私は思います。

あなたの車を欲しがっている人を、探し出す方法

日本のどこかに必ずいます
今すぐできる具体的な方法

⇒ 入札に、簡単に参加できます。



スポンサードリンク


page top